曽根干潟

曽根干潟(そねひがた)

日本三大干潟。北九州市小倉南区、曽根干潟(そねひがた)

これが曽根干潟の様子です!

場所はこちら!!

曽根干潟(そねひがた)は、福岡県北九州市小倉南区大字曽根から曽根新田地区の瀬戸内海(周防灘)に面する干潟で、 沖合い約5km、面積約517haで、瀬戸内海では最大規模です。大潮の干潮時には干満の差は最大4mにもなり、海岸から約1.5km沖合いにある間島付近まで歩いて渡れるようになります。
 
 泥に栄養分がたっぷり。生き物がたくさんいます。生態系もばっちり!
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
曽根干潟には様々な生き物たちが生活しており、食物連鎖によって生態系が守られています。なかでも、二枚貝やゴカイなどの底生動物の捕食による浄化作用はひときわ優れており、干潟のきれいな環境が保たれています。
 
 
また、曽根干潟は、シギ・チドリ類などの渡り鳥の飛来地として有名で、ズグロカモメ、ツクシガモ(以上環境省の鳥類レッドリスト指定)、ダイシャクシギ等の越冬地となっています。 環境省のレッドデータブックに指定されているカブトガニの生息地にもなっており、絶滅が危惧される生物の生息地として知られています。これらのことから、ラムサール条約に曽根干潟が登録されることを目指す動きがあります。

 



このページのトップへ

曽根干潟の動画

 











このページのトップへ

Google Adsence



このページのトップへ

Special