一粒かきについて

牡蠣(かき)の栄養

牡蠣の栄養

日本では縄文時代から牡蠣が食用されていたとされ、貝塚からはしじみやあさりより多くの殻が発見されており、古代より親しまれてきました。牡蠣には様々な栄養素が多量に含まれているため『海のミルク』と呼ばれています。グリコーゲンのほかにも、カルシウム、亜鉛などのミネラル、ビタミン、必須アミノ酸を含むたんぱく質など栄養の宝庫です。




このページのトップへ

一粒かきとは

 牡蠣の養殖
 
ここ豊前海周辺の牡蠣は、福岡県ブランドとして『豊前海一粒かき』として出荷されています。『一粒かき』の名前の由来は『漁師が手間隙かけて一粒一粒丁寧に表面の汚れを落としてきれいに磨く』というところからきており、その後紫外線殺菌された海水で一晩浄化したものが『豊前海一粒かき』となり出荷されていきます。
 
豊前海周辺以外でで牡蠣の殻を磨くということに力を入れているところは少なく、大まかに洗って出荷というところも少なくありません。ひどいところは牡蠣の束ごとくっついたまま出荷するところもあるようです。食べるのは中身なんだから殻なんてどうでもいいのでは?と思っている方もいると思います。しかしながら殻が汚れていると見た目の悪いことはもちろん、泥などの臭みが牡蠣の身にまでついてしまいせっかくの牡蠣の美味しさが台無しになってしまうのです。殻を鍋だと思ってみてください。汚れのついた鍋で美味しいものを作っても風味が落ちてしまうことが簡単に想像が付きますよね。
 
豊前海の中でもここ曽根干潟の沖合いは栄養豊富で良質な牡蠣が育ちます。一粒かきのシーズンは秋分の日〜春分の日までですが、最も美味しくなるのは身の詰まる2〜3月になります。私たちが心を込めて育て出荷した牡蠣を皆様にも一粒一粒大切に味わって頂けたら幸いです。


このページのトップへ

一粒かきの養殖

 牡蠣の養殖
 
良質な牡蠣の成育には栄養が欠かせません。山や森から流れる川には沢山の栄養が含まれています。その川の流れが穏やかに湾に注ぐような海が最適な養殖場となります。淡水と海水が交じり合う流域は牡蠣が必要とする栄養が豊富なのです。
 
養殖は4月から始まります。セイゴ会は種ガキを縄で連結して、筏(いかだ)から水中に吊り下げて行う筏垂下式(いかだすいかしき)で養殖しています。小さな牡蠣の赤ちゃんは豊富な栄養に恵まれた曽根干潟周辺でゆっくり大きく育っていきます。
 
 成育チェック。大きくなってきました。 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
11月下旬になると出荷が始まります。長い間海で育った牡蠣にはフジツボや藻など汚れが付着しています。海から引き上げたらまず水圧をかけて軽く汚れを落とし、仕分けたら、手作業で磨き、洗い・・を繰り返します。陸に上がってからも再度磨きます。牡蠣の出荷はとても手間が掛かります。
 牡蠣を引き上げます。船上で仕分けと磨き。 


このページのトップへ

スポンサードリンク



このページのトップへ

Special