サイトメニュー


コンテンツ



携帯サイト

携帯サイトはこちらから!
http://goto-shoyu.com/site/shoyu/m/

リンク

ドレッシングのサイト
ワタリガニのサイト
一粒かきのサイト
五嶋醤油からのお知らせ
五嶋醤油の店長ブログ
通販サイト
ホームページならモキャット


醤油の紹介

【無添加】二段熟成さしみしょうゆ

 
お刺身大好き 
 
 
【無添加】二段熟成さしみしょうゆ(福岡県産丸大豆しょうゆ使用)
 
■濃厚な二段熟成しょうゆ  
 
『二段熟成(再仕込み)しょうゆ』とは、大豆と小麦でできた麹に対して濃口しょうゆなどの一般的なしょうゆは食塩水で仕込むのに対して、食塩水の代わりに生しょうゆ(火入れをしていないしぼりたての醤油)で仕込み発酵熟成させたものです。『甘露(かんろ)しょうゆ』とも呼ばれており濃厚で旨みと甘みが際立つしょうゆです。

■お刺身専用  
 
福岡県産の厳選された大豆と小麦で仕込み、二度にわたってじっくりと発酵熟成されたしょうゆは素材本来の旨みがとても強く、赤身魚をはじめとする海の幸の味を引き立てます。また煮物の隠し味として少量加えていただくとコクが出ます。
 
 

 

 

 

 
とろっと濃厚 刺身によくからむ!
 
今の時期はイカがおいしかよ〜(^_^) 

赤身にも白身にも、もちろんお寿司にもオススメっちゃ! 

ステーキにはわさび醤油もいいけんね!

 

 


 

 

■粋【いき】  福岡県産丸大豆しょうゆ(さしみ)

 

 

 (1)濃厚な二段熟成醤油
二段熟成(再仕込み)醤油とは、できた麹に対して濃口醤油などの一般的な醤油は食塩水で仕込むのに対して、食塩水の代わりに生しょうゆ(火入れをしていな いしぼりたての醤油)で仕込み発酵熟成させたものです。『甘露醤油』とも呼ばれており濃厚で旨みと甘みが際立つしょうゆです。

(2)お刺身専用
福岡県産の厳選された大豆と小麦で仕込み二度にわたってじっくりと発酵熟成されたしょうゆは素材本来の旨みがとても強く、赤身魚をはじめとする海の幸の味を引き立てます。また煮物の隠し味として少量加えていただくとコクが出ます。

 

■詳しくはこちら>>

 



このページのトップへ

【無添加】福岡県産丸大豆しょうゆ

 
 
ほっとするね 
 
 
【無添加】福岡県産丸大豆しょうゆ(甘口、ほんのり甘口、辛口)
 
■丸大豆しょうゆ  
 一般に流通している醤油の多くは食用油を絞った後の『脱脂加工大豆』を原料に使いますが、油脂を絞る前の丸い大豆をそのまま使っているのが『丸大豆』醤油 です。原料大豆の違いは油脂を含むか否かで、油脂を含む丸大豆醤油は醸造中にその成分がグリセリンなどに分解され、特徴であるまろやかさや深い旨みが醸し 出されます。

福岡県産丸大豆、小麦100%使用
福岡県産の厳選された大豆と小麦で仕込みじっくりと発酵熟成されたしょうゆは素材本来の旨みがとても強く、煮炊きにはもちろんのこと刺身醤油、かけ醤油としてご使用していただくと絶品です。

■3種類の甘み
『甘口』『ほんのり甘口』『辛口』の3種類を造りました。『甘口』は九州地方で主流の甘みを加えている醤油で、『辛口』は関東以北で主流の甘みを加えてい ない醤油です。『ほんのり甘口』はほんのり甘みを感じる程度で甘い醤油を使い慣れていない方からも「かけ醤油にしたら美味しい!」と好評です。
 
 
 
まろやかで深い旨みが特徴!
 
じゃがバタ、卵、焼きなす、湯豆腐、おひたし・・何にでもかけて〜(^_^) 

もちろん刺身や寿司にもオススメっちゃ! 

しょうゆが美味しいと料理の味がランクアップ!

 

 

 


 

■茜【あかね】  福岡県産丸大豆しょうゆ(甘口)

(1)丸大豆しょうゆ
一般に流通している醤油の多くは食用油を絞った後の『脱脂加工大豆』を原料に使いますが、油脂を絞る前の丸い大豆をそのまま使っているのが『丸大豆』醤油 です。原料大豆の違いは油脂を含むか否かで、油脂を含む丸大豆醤油は醸造中にその成分がグリセリンなどに分解され、特徴であるまろやかさや深い旨みが醸し 出されます。

(2)福岡県産丸大豆、小麦100%使用
福岡県産の厳選された大豆と小麦で仕込みじっくりと発酵熟成されたしょうゆは素材本来の旨みがとても強く、煮炊きにはもちろんのこと刺身醤油、かけ醤油としてご使用していただくと絶品です。

(3)3種類の甘み
『甘口』『ほんのり甘口』『辛口』の3種類を造りました。『甘口』は九州地方で主流の甘みを加えている醤油で、『辛口』は関東以北で主流の甘みを加えてい ない醤油です。『ほんのり甘口』はほんのり甘みを感じる程度で甘い醤油を使い慣れていない方からも「かけ醤油にしたら美味しい!」と好評です。

 

■詳しくはこちら>>





このページのトップへ

Special